80年の伝統を持つ京都で一番歴史のあるテニスクラブです。

2015.09.14:親睦会の写真、一挙公開!

親睦会、たのしかったですね!
撮った写真を大公開いたします。
理事の皆様、手伝っていただいた皆様、ありがとうございました!

P9120928.JPG

P9120929.JPG

P9120933.JPG

P9120934.JPG

P9120935.JPG



P9120936.JPG

P9120937.JPG

P9120938.JPG

P9120939.JPG

P9120943.JPG

coffeem.JPG

matya.JPG

P9120947.JPG

P9120948.JPG

P9120949.JPG

P9120951.JPG

P9120952.JPG

P9120953.JPG

P9120954.JPG

P9120956.JPG

P9120957.JPG

P9120961.JPG

2015.09.11:2015のGSユアサオープンは面白かった! 石津幸恵選手

今週日曜日からはじまったGSユアサ。
予選から、ほぼ、毎日、通って見続けましたけど、
近年まれにみる、おもしろさ、でした!

こんな試合、無料でいいのって、本気で思います。


まず顔ぶれが豪華。
GSユアサは、若手の登竜門の大会なので、普通JOPランキング30〜80位ぐらいの選手がでてきて、30位ぐらいの選手が優勝するのですが、今年は違いました。

20位台の選手が、宮村美紀選手岡村恭香選手の2人、
それに30位台の選手は、ごろごろいます。

また、強烈なパワーショットをもつ台湾人とロシア人の外国人選手が3人もシングルスに参戦して、それそれはレベルの高い大会になることが予想されました。

優勝は、ランキング的にみて、岡村選手か宮村選手、それとも外人勢かといったところでしたが、違いました。ひとり、すごい選手が紛れ込んでいたのです。

それが、石津幸恵選手。
現在JOPランキングは、55位。
たいしたことないやん、って思うかもしれませんが、
じつはここ4年ぐらい、ツアーからは一旦、遠ざかっていた選手で、じつはめちゃくちゃ強いんです。

高校生のときにプロ転向しましたが、すぐにITFで5勝。
将来を嘱望されましたが、教師になりたいとのことで
筑波大学に進学。大学四年間は、教員免許の取得をめざしたため、
100%の力で選手活動にとりくめなかったのが、大学を無事卒業したいま、
第一線に帰ってきてくれた選手なのです。

最盛期は、JOPで7位。
2年前のユニバーシアードでも、万全の調子でないのに、金メダル。
それに、92年生まれですから、奈良くるみ、土居美咲世代なんです。
橋本総業にも所属が決まりましたから、これからますますエンジン全開でしょう。

ですから、実績からいって、このGSユアサに出場するのは、ある意味、反則(笑)。
普通、島津ですよね。
でも本人的には、下がったランキングをあげるためには、出なくてはしょうがない。

それで1回戦で、昨年準優勝の岡村選手をあっさりとやぶってしまい、
今日も、第三シードの宮村美紀選手をストレートで、しりぞけ、決勝までするすると来てしまいました。
おそらく、彼女が優勝するでしょう。

本日の準決勝、宮村美紀選手VS石津幸恵選手、
この対決は、今大会最高のカードでした。
なにしろ二人とも、スタイル抜群、美人、そして強い! (^_^)
宮村選手なんか、おばちゃんのおっかけファンがついているぐらいですから...。

あまり能書きをたれずに、写真にいきましょう!

P9110901.JPG
今日は黒のウエアでシックに決めてくれた宮村選手。

P9110907.JPG
彼女の最大の特徴は、片手バックハンド。
同じフォームから、スライスとスピンを使い分けます。
さらに、ドロップがうまい。

P9110914.JPG
石津選手のフォアハンドリターン。
強烈な破壊音で、数々の選手を撃破してきました。

なにより美しいのが、テークバック動作。
きれいなループを描き、その力にまったく無駄がなく、遠心力に身体のひねりを地面からうまく加えて、身体の体重をすべて、インパクトにたたき込むのです。
まるで、芸術品ですよ、これは!

ああ、なんてきれいなテイクバックなんだろう。

P9110911.JPG
サーブも出場選手中、いちばん早く感じました。
推定170キロはでているかもしれません。

明日は、京都ローンの親睦会ですから、
せっかくの決勝戦を、見に行けません。(-_-)
まあでも、京都ローンから、ライブストリーミングで応援することにします!

石津幸恵選手、がんばってくださいね!

















2015.09.10:WOWOWが革新的なサービスを開始!


松岡修造氏......
よくも悪くも、引退後も日本のテニス界に君臨し続ける男。

少しでもテニスにかかわっている人ならよく知っていると思いますが、

彼は、錦織を育てたわけでは、ありません。

それは、あくまでも、スポット。

イチローが日本に帰ってきて、故郷の「1日少年野球チームの指導」
をやったような感じだと思ってください。

でも、マスメディアは、ほうっておかない。
彼らは「ストーリー」が好きなのです。
松岡が、錦織を育てた。その錦織が松岡が果たせなかった夢を果たそうとしている。

マスコミは、たとえ、松岡が、1日だけ、錦織を指導したとしても、そこに無理矢理、
「細い線」をみつけて、つなげようとします。
そういうストーリーを無理矢理にでも作りたいわけです。

お涙頂戴もの、になりますからね。

そして、錦織の試合などをみていると、解説者である松岡が
「私は、圭をこのように指導してきた」
とか、平気でいうわけです。
それで一般の人は、ますます勘違いしていく、という悪循環がそこにあるのです。

また、松岡の解説を聞いていると、じつは技術的な解説は「ほとんどなし」。
「試合の勝敗予想」ばかりです。
また、それが「当たる」ものですから、
みている視聴者は「松岡は、すごい」と思ってしまいます。

ここに、だまされてはいけません。

試合を傍目でみながら、このゲームがポイントだ、とかいうのは
松岡氏でなくても、言えます。
小学生でも言えます。
デュースがいくつか続いたゲームが、
その試合のターニングポイントですから(笑)。
悲しいかな、ただ、それだけであります......

前置きはこれぐらいにして。

実はWOWOWが音声多重放送サービスをはじめました。
副音声で、会場音のみ、流すサービスです。

WOWOWも、公式には絶対いいませんが、私はこれは
「松岡氏の声を消せるサービス」だと思っています。

一度、やってみてください。
やってみないとわかりません。
体験してみないとわかりません。

松岡氏の声が、どんなにうるさかったのか。
どんなに的外れな解説をしているのか。
それが、いかに必要でなかったか。
全部、白日の元にさらされることとなります。

きっとWOWOWには、一部の「心ある人」から、抗議が殺到していたはずです。
「松岡うるさい」
「どうにかしろ」と。

でも、WOWOWは、テニスに詳しくない一般視聴者ほど、
松岡氏の解説を聞きたいことを、百も承知です。
でも、テニスに一家言をもつ人ほど、松岡の解説は聞きたくない。

この矛盾をいかに解決するか。

そこで。

その折衷案として、音声多重放送サービスがはじまったはずです。
そのどちらも満足させる、
WOWOWの新サービスに、拍手です。





2015.09.09:世界のスター選手が、神戸に来る!

本日から、Coca-Cola International Premier Tennis Leagueのチケットの予約が始まります。
錦織も来るし、フェデラーも来る、シャラポアもくる。
http://www.thetennisdaily.jp/news_detail.asp?idx=112491

じつは、悩んでおりますw。

以下がそのチケットの値段。
http://www.japan-warriors.com/tickets/

ダイヤモンドシート30万円也です。

高い。

ですが、その一言ですますわけにもいきません。

えっ、高いと思うかもしれませんが、これらの選手に会おうと思えば、ウインブルドンとかに、何十万円払っていくしかないわけです。それに行ったとしても、コートサイドとかは絶対無理で、遙かかなた豆粒ぐらいしか、見えない席にすわれて御の字でしょう。

※全米のアーサーアッシュの一番上の席は、テニスボールが見えないそうです(笑)。

ですから、たとえダイヤモンドシートに30万円払っても、じつはそんなに損はしていなくて、ほんとうに、大相撲並の、砂かむりの席に座れます。さらにさらに、選手と直接、ふれあえる!という特典付き、じゃないですか!!  

それまで英語一生懸命勉強しておけば、
世界のトップ選手と、英会話ができるかも、しれません。

ほんとうに、悩みます。

主催者の値段設定は、なかなかのもの、です。
主催者はきっと、やり手の経営者です。


追伸
今週末は、親睦会ですね! 
大いに楽しみましょう。



2015.09.07:誰でも全日本ランキング100位になれる方法

ウインブルドンが、佳境にはいりつつあります。
でも、この時期、テニスの試合は、ウインブルドンだけではありません。

京都では、GSユアサの予選がはじまりました。

GSユアサの予選を毎年みていて、気づいたことがあります。
それは、1人の「おばちゃん」が毎年エントリーしていることです。
ほんとうに「おばちゃん」です。
※今年もエントリーしています。

たぶん、京都ローンの50〜60代の普通のレベルの女性陣にも、
ぼろ負けしてしまうぐらいの人です。
この人誰なんだろ? 何をしている人なんだろ、と思い調べてみました。

http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/tennis/1360165895/
2チャンネルですが、だいたいここに書かれていることは、真実だと思います。

しかし、このおばちゃんの勇気ある行動により
現代の日本のテニス界が抱える、
大きな矛盾をひとつ暴き出してしまうことになります。

それは...

その気になれば、誰でもJOP100位になれてしまうこと...です。

いまこの記事を読んでいるあなたも、書いている私も、
「その気になれば」という条件つきですが、このおばちゃんが実践している方法を
実行するだけで、JOP100位になれてしまうのです!

まるで、東日本大震災により、原子力発電所がもっている欠陥が露呈してしまったような、
(非常時電源の喪失で、原発は機能しなくなる)
これと同じように、感じてしまうのは、私だけでしょうかw

ぜひ、2チャンネルの記事を読んでみてください。
そして、あなたもぜひ、JOP100位をめざしてください!ではなくて
実際に100位になってみてください(笑)。

確実になれます!







ローンテニスクラブ電話番号