80年の伝統を持つ京都で一番歴史のあるテニスクラブです。

2015.02.26:島津全日本室内テニス選手権1〜2回戦

1日おきに会場にかけつけ応援を続けております島津全日本室内テニス選手権。

ここ10年ぐらいず〜っと見てますけど、男子では、毎年、1回戦で多くの日本人選手が負けてしまって、外人選手ばかりがのこるという年が多いのですが、今年は日本人がたくさん残ってくれて、応援のしがいもあります。

P2250312.JPG

P2250315.JPG
第二シード、伊藤竜馬選手。一回戦を危なげなく突破。
このレベルの選手相手だと、まだまだ安定感があります。

P2250317.JPG

P2250318.JPG
日本人選手、2回戦突破第一号。近藤大生選手。
往年の名選手、鈴木貴男ばりの正統派のサーブ&ボレーヤー。
おそらくベテランながら、彼の後継者指名を受けていると思われます。

写真はファーストボレーですけど、相手のリターンが厳しくても、
こんな態勢になりながらちゃんとネットを越えてくるからすごいです。
その根性、続ける姿勢がジョンミルマン選手(AUS)をいらだたせ、
結果として勝利結びつけました。

マッチポイントをとったところで、足をケガ。
トレーナーを呼び、大事をとりながらも勝利できました。
拍手!


P2250322.JPG

P2250325.JPG
この日の一番の番狂わせ。
美女アスリート対決。

第三シードの瀬間詠里花選手(写真下)をストレートでやぶった岡村恭香選手(写真上)。
彼女は格上相手のほうが、本来の力がでてくる気がします。
瀬間選手のねばりのテニスのさらに上をいく、丁寧さで、勝利しました。

ラインジャッジもきわどいところがあり、
私のすぐ隣で応援していたお姉さん(友里加)も「いまの、入っているよ〜」
とか客席からクレームをいれておりましたが、チャレンジシステムがない大会では
あきらめるしかないですね。

ただ、瀬間姉妹の近くにいくと、いいことがあります。
それは香水の匂い。
室内大会では、おしゃれな選手の香水の匂いまで、楽しめます(^_-)。

P2250326.JPG

P2250327.JPG
お腹が減ったけど、近くにいい店がないのが、島津アリーナの欠点。
しょうがないので、売店で冷凍の焼きめしを購入。
ですが、意外といけました。

P2250328.JPG

P2250330.JPG
起きてほしくない日本人同士のつぶしあい二回戦。
斉藤貴史(写真上)VS守屋宏紀選手(写真下)。
迫力あるプレーで、守屋選手をあと一歩のところまで
追い詰めた齊藤選手。すばらしかったです。
全日本でも準決勝まで残ったのは本当に実力がある証しでしょう。
まだまだ19歳なので、今後の伸びしろに大いに期待ができます。

試合巧者の守屋選手、フルセットの末、自慢のIQテニスにもちこみ、
斉藤選手を翻弄。勝利をもぎとりました。さすがグランドスラム出場者です。
斉藤選手には、得るところが大きかったのではないでしょうか。

P2250331.JPG
島津の2大エースのうちの一人、今西美晴選手。
一回戦では外大西高の後輩、村瀬早香をやぶり、二回戦では喜島瑞乃選手をなんなくしりぞけました。この勢いでは、決勝が、桑田選手VS今西選手となります。

スポンサーは大喜びでしょうけど(笑)。


追伸(ちょこっとニュース)
私の息子の高木悠地が、2月25日、オール近畿大学のミックスダブルスで64ドローを勝ち上がり、優勝しました。初タイトルです。いつもローンでたくさんのダブルスをさせていただき、いろいろなことを学ばせてもらったおかげと申しおります。本人いわく、単純に強打をしてくる大学生よりもローンの皆さんのほうが、戦略的に1枚も2枚も上手とのことでした...。



ローンテニスクラブ電話番号