80年の伝統を持つ京都で一番歴史のあるテニスクラブです。

2013.12.28:テニス選手って、オフなし??

楽天オープン、全日本選手権、そして名古屋のダンロップトーナメントが終わると、日本ではあまり試合がないため、すこしオフの感覚になります。きっとテニス選手たちは、その時期に、しっかり休んでいるんだろおな〜と思っていると、間違ってました。(^_^;)


私の応援している若手の日本人選手達は、トルコ1万ドルクラスの大会に遠征に行ってますし、ワールドクラスの選手、たとえば錦織選手などは、早々に、練習を切り上げ、もうオーストラリアに旅立っているんですね!!

世界を転戦するトッププロ達は、試合会場入りは、早くて1週間前、遅いときは1日前とか、そんな駆け込みが普通です。

でも全豪のようなビッグトーナメントのときは、2週間以上前に、現地にはいって、ゲストハウスのような一軒家をチームで借り切って、その土地の季候や風土に身体を慣らしてから、試合に臨んでいるようです!

nishikorio.png

彼のフェイスブックページによりますと、クリスマスにはもう若手との練習を終え、
明日Aussieに向かうと書いてありますね!

他の選手のフェイスブックページをみていましても、だいたい新年前には、
オーストラリア入りしている選手がほとんどです。

つまり──

新年早々の全豪というのは、ほとんど全員の選手が、万全の体制で臨んでくるわけで、
環境としては、みな、ほぼ平等。

シーズン途中だと、ケガとか移動とか、そういう要因で試合前に選手毎にハンディがついている場合もあるということですね。

全豪は、条件がほぼ同じですから、たいへん勝ちにくい大会であると同時に、真の実力がでやすいともいえると思います。

トッププロって、たいへんだな〜。
錦織選手、がんばれ!!




ローンテニスクラブ電話番号