80年の伝統を持つ京都で一番歴史のあるテニスクラブです。

2013.04.11:ブリヂストン京都オープン観戦!(喜島瑞乃選手)

いま小畑川コートでは、ブリヂストン京都オープンが開催されてます。会社の昼休みに、ほんの少しだけ時間ができたので、抜け出して見に行くことにしました(笑)。今日のお目当ては、2人。女子は小沢槙穂プロと喜島瑞乃選手、男子は進士優一選手。


小沢槙穂プロは、茨城県出身の方ですが、数年前のアマ時代に京都のGSユアサで優勝したことで弾みがつき(すばらしかったです!)、プロに転向されました。それ以来、京都がお気に召したのでしょうか。実践感覚をやしなうための調整に来られているようです。相手の力強いショットをなんなくいなしていく、プレースメントする力と、ネットプレーが魅力ですね。

P4110652.jpg

P4110649.jpg
その小沢プロと対戦していたのが、小山葵選手(四ノ宮テニスクラブ)。JOPランキング438位です。私も高校時代に2年ほど四ノ宮にいたので、ちょっとだけ応援。小沢プロにストレートで負けてましたが、だいたいのゲームでデュースまでせってて、あと1ポイントが取りきれず、というところなので、一皮むければまだまだ! サウスポー。

P4110641.jpg
もう一人のお目当て、進士優一選手。どこかで名前、聞いたことありませんか?
そうです。当クラブのメンバー進士勇&初枝さんの息子さんですよ〜ッ!!
JOPランキングは56位。手首が完全に回内運動をしているところが、サスガ。
サーブはコーナーを打ち分けていたので、相手は対応しきれず、といった感じでした。

P4110643.JPG
進士選手のバックハンドスライス。鋭いキレ味ですから、時間をかせげ、すばらしい守備力を発揮するショットでした。左手もグッドですね〜

P4110644.JPG
私たちのように、ヘタなアマチュアでは、バックはスライスだけ...という人が多いですが(笑)やはりトーナメント選手は違います。あまい球がきたら、シングルハンドでドカンと叩きます。このようなランニングショットにも軸がまったくぶれていません。

P4110648.jpg
フォアハンドもきれいに左右に打ち分けられます。

進士選手、2回戦突破おめでとうございました。試合終了後、お声をかけて「京都ローンのHPに写真載せてもいいですか?」とお聞きすると、あっさり快諾。帰り際には「お世話になりましたっ!」て、ただの観客の私に敬礼して帰っていかれたところにも脱帽。おじさんファンというのは、そういう若者の礼儀正しさには、めっぽう弱く(笑)、すっかりファンになってしまいました。 (^_^)v

P4110656.JPG
喜島瑞乃選手。菅野知子プロと対戦し、勝ってました。体格がいいから、サーブさえよくなればもっとどんどん勝てますね。

P4110660.JPG
女子ナンバー2シード寺井祐紀子選手(コスパ桃山六地蔵)。的確なプレースメントと、ボレーが印象に残りました。この写真では目が開いてないですが(失礼!)美形アスリートです。

ハッと気が付いて時計をみると、もう昼休みの時間なんて、あっという間にすぎてるじゃないですか。まあいいか、自営業だし。テニスみすぎて、儲からなくなったら、それは自分の責任ですから(笑)。

小雨も降ってきたので、帰ることにしました。 サブっ。
週末はローンの理事会などもあるので、もう見に来れません(泣)。
でもスバラシイ選手のみなさんに、たくさん出会えて幸せでした!


ローンテニスクラブ電話番号