80年の伝統を持つ京都で一番歴史のあるテニスクラブです。

2012.12.03:テニスウエアの歴史

PC030025.JPGテニスウエアには流行があります。30年ほどまえは、タッキーニやフレッドペリー、エレッセといったあたりが主流だったように思います。


つぎに一大流行となったのがフィラ。ボルグの活躍とともに隆盛を極めたブランドでした。その後、アディダスやナイキが、テニスウエアに進出してきて、そのシェアを拡大。これまでの既存ブランドを駆逐しはじめました。

またストリングメーカーだったバボラがラケット市場に本格参戦すると、「ウエアも揃えよう」との意識が働き、バボラウエアが流行します。

さらに、この4~5年は、イタリアの登山メーカーだったディアドラが「テニスウエアにはなかった斬新なヨーロッパデザイン」で日本に進出。絶大な支持を得ています。ですから、テニスショップを回っても、極端な店は、バボラとディアドラしか置いていないところもあるほどです。

そしてついに昨年、ユニクロが人気プレーヤーと契約を結び、テニスウエア市場に本格参戦しはじめました。

写真のウエアは、ローンにもよく着ていく私のお気に入りのユニクロセットです。
(サンバイザーは別)
青のウインドジャケットとパンツは、テニスウエアではありませんが、着心地は最高。
立体裁断と素材の良さが光ります。セール品のアディダスやナイキより、品質は比べものにならないぐらい高い印象です。

インナーの黄色もユニクロ。1290円でしたが、伸縮性の良さと、着心地は他のブランドを圧倒しています。

ユニクロ、意外にいけるかもって思っています。
みなさんはどうですか?



ローンテニスクラブ電話番号